読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の性格が一番よく現れる

人の性格が一番よく現れるのってなに?

ジャイアンツを支えたライバル、江川と西本

球界の盟主たる読売ジャイアンツですが、かつてライバルと呼ばれた関係が存在していました。
江川投手と西本投手です。
江川投手について説明しますが、いわゆる有名な「空白の一日」でジャイアンツに入団、チームメイトやマスコミからは決して良い印象を与えなかった事は有名な話です。
新人時代はペナルティーとして2か月の出場停止処分が課せられたものの、その後は新人らしからぬピッチングでチームを支え、わずか9年間ではありましたがジャイアンツのエースとして君臨しました。
もう一人のエースであった西本投手ですがこちらは高校時代全く注目されずにジャイアンツにはドラフト外での入団、当初は打撃がよかったことから野手としても考えられていたそうです。
西本投手を支えたものはハングリー精神、人一倍練習を重ね、3年目あたりからジャイアンツの一軍投手として頭角を表して来ます。
この2人が80年代はジャイアンツを支えたと言っても過言ではなく、練習で江川投手が100球を投げれば西本投手は150球投げたと言うエピソードも存在します。
また昭和56年、ジャイアンツ優勝時、江川投手は20勝してタイトルを独占、しかし西本投手も18勝を挙げて沢村賞を獲得、沢村賞と言えば投手の最高の栄誉とされる賞で江川投手はこの事を後年まで悔しがったそうです。