読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の性格が一番よく現れる

人の性格が一番よく現れるのってなに?

道路案内板の表示のむづかしさ

今日は、霊園にお墓参りです。
いつもの道を通って行こうとしたら、どうも様子が違います。
新しい自動車専用道路が完成しておりちょうど霊園に行く道路の分岐点の当たりがインターチェンジになっています。

標識が進行方向左側の道路沿いに立っており「霊園」その下に矢印記号「<-」がありました。

その矢印の横の新しい道路に進入していくと、いつもの右側の山に向かうのではなく、左側に向いていきます。
おかしいと気付いた時は、自動車専用道路の合流ポイントです。
仕方なく4km先の降り口でUターンして戻りました。

間違って乗ったインターチェンジまで戻り看板をよく見ると、矢印の下に「左へ」?よく見ると進行方向「左側」に道路があります。

看板を立てている場所が悪すぎます。

進行方向の道路の右側に立てて「左側」と書いてくれれば間違えることはなかったと思います。
(目的の道路は左側に別れて、陸橋の上をまたいで右の山に入っていくルートでした)私の車以外にも迷っているような素振りの車がいました。

多分表示看板を建てた場所が間違う場所だったのは、私と同じように間違うのでその場所に建てたと思いますが、運転手の行動心理を読んでいないと思っています。

行き先が左に曲がるなら、左側に立て表示すれば、否応なく左にハンドルを切ります。
でも、もう二度と間違いは起こしませんが、伝えることは難しいと感じました。